美容皮膚科|埼玉県吉見町【森田クリニック】内科・外科・美容皮膚科・専門外来(循環器・消化器・呼吸器・内分泌(乳・甲)・泌尿器)

【受付時間】 午前 8:30-12:00 午後 4:00-6:00
(日曜・祝日休診)
【電話番号】

0493-53-2220

ご質問・お問い合わせ
美容皮膚科 その他
ピアス・アレルギーフリー

ピアス・アレルギーフリー

衛生面からも、ピアスの穴あけ専用の器具を用いて清潔な操作で行う必要があります。個人であけたピアスは、不適切な処置となる可能性が大変に高く、化膿などのトラブルを引き起こす場合があります。当院では様々な種類で、安全なファーストピアス(穴が固定する約1ヶ月間継続して装着する必要があります)をご用意しておりますので、アレルギーが心配な方や、おしゃれを気にする方にもご満足いただけます。

施術内容 片耳(1ヶ所) 両耳(各1ヶ所)
ピアス 3,500円 5,000円
アレルギーフリーピアス 4,000円 6,000円
医療用まつ毛育毛剤『グラッシュビスタ』

まつ毛育毛剤

医療用まつ毛育毛剤『グラッシュビスタ』を処方いたします。これは厚労省が日本で初めて承認した睫毛貧毛症治療薬で、まつ毛を濃く、長く、太くします。

効果が認められた代表例
使用前→4か月後
STEP 1 ご使用前に
STEP 1  ご使用前に

グラッシュビスタは、夜、メイク落としと洗顔を済ませて清潔な状態にしてから使用します。コンタクトレンズは外してください。再装着は、本剤塗布15分以上経過後に行ってください。
下まぶたに塗布したり、直接眼に点眼しないでください。

↓
STEP 2 ブラシの準備
STEP 2  ブラシの準備

ブラシを容器から取り出します。ブラシの毛先には触らないようにしてください。(必ず専用のブラシをお使いください。)
ブラシを水平に持ち、ブラシの毛先部分にグラッシュビスタを1滴落とし、染み込ませます。

↓
STEP 3 まつ毛の生え際へブラシで塗る
STEP 3  まつ毛の生え際へブラシで塗る

滴下後直ぐに、ブラシを使って、上まつ毛の生え際の部分を、目頭から目尻の方向へ丁寧に塗ります。
下まつ毛には塗らないでください。
塗るときには、液が目の中に入らないように、下まぶたにつかないように気をつけてください。
塗布回数を増やしてもまつ毛の成長は促進されないので、1日1回を超えて塗布しないでください。

↓
STEP 4 生え際以外についた液をふき取る
STEP 4  生え際以外についた液をふき取る

液が上まつ毛の生え際以外についた場合は、コットンやティッシュなどですぐに薬液をふき取るか、洗い流してください。

↓
STEP 5 ブラシを捨てる
STEP 5  ブラシを捨てる

片方のまつ毛を塗り終えたら、その都度使用したブラシは捨てて、再使用しないでください。
片方を塗り終えたら、新しいブラシを容器から取り出し、もう片方の上まつ毛にも、先ほどと同じようにグラッシュビスタを塗ります。

施術内容 料金
医療用まつ毛育毛剤「ルミガン」 1箱(約30日分) 8,000円
医療用まつ毛育毛剤「グラッシュビスタ」 1箱(約70日分)
アプリケ-ター付き
20,000円
ほくろ除去

ほくろ除去

「ここになければいいのに…」長い間気になっていたほくろを、最新のレーザー技術で取り去ることができます。当クリニックではCO2レーザーを使ったほくろ除去治療を行なっていますが、CO2レーザーは組織中の水分に吸収されて熱を出し対象を蒸散させてしまうもので、ほくろだけでなく、老人性のいぼ等皮膚の良性腫瘍にも有効です。
美容的観点(術後に跡が残るなどの事がないようにする)を第一に治療を行いますので、1回の治療でほくろの細胞を完全に取りきれるとは限りません。したがって、再発する可能性がありますが、ほくろ以外の皮膚良性腫瘍の場合、もともと再発する性質のものがあるため、まずは専門医に相談する事をお勧めします。当院でも無料相談を行っていますので、このようなシステムを利用して相談するのも良い方法だと思います。

治療後のアフターケア

局所麻酔を行った後、レーザーを照射します。照射後はテープ等で保護します。翌日より、洗顔も可能ですが、洗顔後も引き続きテープ等による保護をしていただきます。1週間ほどでかさぶたになったら、その後テープは不要ですが、以降も2ヶ月ほどは紫外線の防止が必要です。露出部分には、日焼け止めクリームの使用などの紫外線対策が必要です。

安全性

ケロイド体質の方は注意が必要です。術後の色素沈着は、通常3ヶ月ほどで消えますが、個人差があります。

施術内容 料金
ほくろ除去 1ヶ所 10,000円
多汗症治療

多汗症治療

多汗症とは、日常生活に支障をきたすほど多くの汗が出る病気のことです。人間の体は暑さや運動によって体温が上がりすぎることを防ぐため、必要に応じて汗をかき、かいた汗の蒸発とともに熱を発散するようにできています。緊張やストレスなどの精神的な刺激も発汗の原因となります。

こんな症状はありませんか?

こんな症状はありませんか?
  • 大量の汗が心配で人前に出たくない。
  • 周囲の目が気になって学業、仕事に集中できない。
  • 汗のニオイが心配で、人間関係が上手くいかない。
  • 服に汗染みができて人目が気になる。
  • タオルを持ち歩いたり、何度も制汗剤を塗ったり服を着替える手間が大変。
  • 緊張すると汗が出はじめ、意識するともっと出る。

ボトックス注射で治療

ボトックス注射は、汗は気になるけど手術に抵抗がある方に最適な切らない治療法です。治療時間はわずか10分程度で、汗がぴたりと止まり快適です。ボトックスを皮膚の浅い部分に注入することで、汗腺を支配している神経に働きかけ交感神経からのアセチルコリンの放出を抑制します。手術することなく注射だけで汗の量を減らし、気になる汗、ニオイを改善します。

施術内容 料金
多汗症治療(自費の場合) 22,000円
多汗症治療(保険の場合) 27,450円

↑